めまいはなぜ起こる?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

相談めまいが起きてしまう原因は、大きく分けて二つあります。一つは、脳に十分な酸素や血液が供給されずに引き起こされてしまうもの、もう一つは、病気の初期症状として表れるものです。具体的には、このようにしてめまいが引きおこると言えるでしょう。

まず一つ目の、脳に十分な酸素や血液が供給されていない状況で起こるめまいですが、こちらの場合は、貧血や過呼吸、鉄分不足などから引きおこるケースが多く、これらの根本原因を解決することで、めまいの症状が徐々に落ち着いてくるケースが多いと言われています。また、女性の場合は生理中などはめまいが起こりやすくなるケースもありますので注意しましょう。

二つ目の、病気の初期症状として表れるものについてですが、こちらの場合は、病気の根本をもとから治さないことには、めまいの症状が治らないだけではなく、病気の症状が進行してしまい、最悪のケースに繋がる恐れもありますので、十分注意が必要です。めまいが起きる病気の例として挙げられるのは、更年期障害や、血栓、脳溢血など、ホルモンバランスの乱れからくる場合や、血流が悪化する所からくるものもありますので、心当たりがある方は、まずは専門医に相談してみることをオススメします。